自律神経失調症に〜自律神経の健康サプリメント・健康食品。自律神経失調症の症状と解説。自律神経失調症チェック

健康食品・サプリメントで健康管理 健康管理に役立つ健康食品・サプリメント

健康サプリメントで健康管理 > 気血水について > 自律神経失調症に〜自律神経の健康サプリメント

自律神経失調症に〜自律神経の健康サプリメント

ここでは自律神経失調症と自律神経について解説します。
また、自律神経に良いサプリメント・健康食品についても紹介します。

自律神経とは  自律神経失調症とは  自律神経失調症の症状

自律神経の健康サプリメントお勧め順

1位ローヤルゼリー  2位高麗人参(紅参)  3位ギャバ

1位 ローヤルゼリー  自律神経失調症 サプリメント

自律神経失調症や自律神経の健康にイチオシなのがローヤルゼリーです。
ローヤルゼリーは栄養の宝庫でアミノ酸、ミネラル、ビタミン等40種類以上もの栄養素を含んでいます。
中でもローヤルゼリーに多量に含まれるアセチルコリンが自律神経の中枢である間脳に直接作用して自律神経とホルモンバランスの改善が期待できます。

ローヤルゼリーの注目すべき作用には自律神経調節作用免疫力増強作用内分泌調節作用組織呼吸促進作用が実験、研究により報告されています。

また、ローヤルゼリーは医薬品としても使用されています。
現在、医薬品としての薬効として表記を認められているのは主に滋養強壮の部分に関してですが実際に使用してみるとさまざまな効力がある事が医師や研究者の間で科学的に実証されつつあります。

ローヤルゼリーは自律神経失調症や更年期障害の方に一番お勧めな健康サプリメントです。自律神経失調症の方は高麗人参(紅参)も一緒に採ると相乗効果で更に効果が期待できます。

ローヤルゼリー詳細

みつばちロードの伝承ローヤルゼリー  
44時間早期採乳法で採取した初乳ローヤルゼリーです。
楽天やYahooショッピングで常連1位!ものすごい勢いで売れています。 上記サイトより、オススメ商品覧の【初回半額】の文字をクリックして進むと半額:9,880円→4,980円となります。

2位 高麗人参(紅参)   自律神経失調症 サプリメント

高麗人参のサポニンが自律神経の交感神経と副交換神経の拮抗作用と似た働きをする事で副交感神経の緊張状態を必要に応じて和らげ自律神経やホルモンのバランスを整えると言われています。

その他、高麗人参(紅参)の注目すべき作用には抗疲労、抗ストレス作用免疫力増強作用抗動脈硬化抑制作用抗血栓作用老化抑制作用などが研究、実験を経て各国の研究者によって報告されています。

低血圧、冷え性、うつ気味のタイプの自律神経失調症や更年期障害の方にお勧めです。高麗人参は漢方では古来から万能薬として使用されマルチな効果が期待できますが、自律神経を整える効果を期待して単品で採るならやはりローヤルゼリーの方がお勧めです。
高麗人参(紅参)はローヤルゼリーと併用すると更に相乗効果を期待できます。

高麗人参(紅参)詳細・サプリメント

 人気です!高麗人参茶(紅参茶)
一和高麗紅参茶(イチワコウライコウジンチャ) ◆人気商品  高麗人参茶,朝鮮人参茶【韓国を紹介するお店】

最高品質!6年根の高麗人参茶(紅参茶)です。

6年根の紅参茶なので有効成分ニンジンサポニンを多く含みます。
高麗人参(紅参)お勧め順 → 高麗人参(紅参)サプリメント


3位 ギャバ     自律神経失調症 サプリメント

ギャバ(γ(ガンマ)−アミノ酪酸)は人間の脳に含まれる物質で中枢神経を鎮める働きをしている神経伝達物質です。ギャバは植物にも含まれる成分で発芽玄米に多く含まれるという事で発芽玄米の人気が上がっています。

ギャバは脳の代謝機能を促進する目的で医薬品として脳梗塞の後遺症の患者や精神安定剤の成分にも使われています。

ギャバの注目すべき作用には脳の血流改善作用脳代謝改善作用精神安定作用があると言われています。
他にも高血圧の方の血圧を下げる働き、記憶力改善、コレステロールを下げる働き、肝機能改善、腎臓機能促進、アルコールの代謝促進などの効果が実験、研究によって報告されています。

高血圧、イライラ、精神不安タイプの自律神経失調症、更年期障害の方にお勧めです。ボケ、アルツハイマー、てんかんの方にもお勧めですが、自律神経を整える効果を期待して単品で採るならやはりローヤルゼリーの方がお勧めです。
ギャバはローヤルゼリーと併用すると更に相乗効果を期待できます。

ギャバ詳細・サプリメント

 ギャバ 750mg(NOW社) 100カプセル
ギャバ 750mg(NOW社)【HBWサプリメント】 「ほっ、」っと落ち着く人気の成分ギャバを1日分(1カプセル)あたり:750mg配合。
ギャバお勧め順 → ギャバ サプリメント

自律神経とは

自律神経とは間脳を中枢とした体全体の制御システムのことです。

健康管理に役立つ自律神経と間脳の知識

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、これらが拮抗して働く事によって体全体のバランスを保っています。

自律神経はホルモンの分泌や、免疫機能、心臓や胃などの内臓、脈拍、血圧、発汗、呼吸に至るまで体のほとんどの機能を自動でコントロールし、動かしています。
寝ている間に呼吸ができるのも意識しないで心臓が動くのも自律神経のおかげです。

自律神経失調症とは

自律神経は心や生活リズムと大変、密接な関係にあるので、ストレスや過労、睡眠の不足、昼夜逆転の生活などの原因があると、交感神経と副交感神経のバランスがくずれ、自律神経が狂いやすくなります。。

自律神経のバランスが狂うと本人には様々な異常が自覚症状として表れますが、病院で検査をしても多くの場合は数値としては異常が見られない状態です。

漢方ではこの状態を未病と呼んでいますが病院では自律神経失調症と名づけられます。実は自律神経失調症は正式な病名ではありません。検査をしても異常が見られない状態だけれど、本人にはいろいろ不快な自覚症状がでる・・
自律神経失調症はこの不快な症状に対する名称なのです。

自律神経を正常に保つ為には何よりもまず、ストレスを溜めないようにし、規則正しい睡眠、適度な運動が大切です。
しかし忙しい現代人にはこの単純な3つの健康の基本が難しくなっています。
自律神経失調症にはサプリメントや健康食品で補う事も有効です。

※事故により、脳が傷つけられて自律神経失調症になる場合もあります。

自律神経失調症の症状

自律神経は生体機能のほとんどを調整している為、バランスが狂うと精神面や全身のいろいろな部位に異常が表れますが、人によって症状の表れる部位が異なります。

自律神経失調症の症状
自律神経失調症、頭痛、めまい、のぼせ、血圧の異常、食欲不振、動悸、息切れ、疲労倦怠感、抑うつ状態、イライラ、不安などの情緒不安定、生理不順、インポテンツ、早漏、目の乾き、疲れ目、喉の渇き、味覚異常、耳鳴り、手の痺れ、手の痛み、足の痺れ、足の痛み、乾燥肌、皮膚のかゆみ、冷や汗、多汗、汗が出ない、頻尿、残尿感、関節や筋肉の痛み、微熱などの症状がおこります。

※これら症状の影には本当の病気が隠れている場合もありますから自己判定は避けて一度きちんと病院で診て貰う事をお勧めします。

一般内科の病院の検査を受けても異常が見つからず、 その後も自律神経失調症の症状が続いた場合は、心療内科や精神科の診察を受けるのが一般的です。

心療内科は、心と体のバランス、生活環境などが影響して体に影響を及ぼす心身症などの病気が対象となっています。

精神科は精神疾患を専門に扱う診療科で、 心の病気や心の症状(不安、不眠、抑うつ、イライラ、幻聴、幻覚、妄想など) が対象となっています。

西洋医学を基本とするほとんどの病院では自律神経失調症を根本的に直すのでは無く、投薬による対処療法が行われます。

多くの患者が自覚しやすいイライラやめまい、立ちくらみ、不眠、不安感、食欲不振など、体にあらわれる不快な症状を取り除くために、自律神経調整薬、抗うつ剤、抗不安剤、睡眠薬、ホルモン剤やビタミン剤などが使われます。

投薬は症状を緩和してくれますが、原因を取り除いてはくれませんし、薬には副作用もありますので、多用はできません。

一般内科の病院の検査を受けても異常が見つからず、 その後も自律神経失調症の症状が続いた場合は、サプリメントや健康食品でストレスに強くなるよう、体質改善される事をお勧めします。


自律神経失調症に〜自律神経の健康サプリメント TOP


   
MENU
健康サプリメントで健康管理TOP
サイトマップ
当サイトのご利用にあたって
健康管理の基礎知識
生活習慣病
メタボリックシンドローム
健康食品・サプリメント基礎知識
健康食品・サプリメントの種類
健康食品とサプリメントの違い
健康食品・サプリメントの選び方
健康食品・サプリメントの飲み方
健康食品・サプリメント 目的別
気血水について
自律神経失調症 サプリメント
血液サラサラ健康サプリメント
デトックス 健康サプリメント
健康食品・サプリメント 品目別
ローヤルゼリー
高麗人参(紅参)
ギャバ
DHA・EPA
イチョウ葉エキス
ウコン
お気に入り
保険相談
お問い合わせ リンク集
Copyright (C) 2007〜2012 健康サプリメントで健康管理  All rights reserved